情報科学実験Ⅰ/ML演習

Tuareg-mode -- Emacs使いへ

EmacsでOcamlプログラミングをするためのモードで、Tuareg-modeというものがあります。

Emacsで課題をやる人はぜひこれを使いましょう。

インストールと設定

まずインストールです。

 $ sudo aptitude install tuareg-mode

その後、~/.emacs.elに

 (autoload 'tuareg-mode "tuareg" "Major mode for editing Caml code" t)
 (autoload 'camldebug "camldebug" "Run the Caml debugger" t)
;; imenu使わない人(ほとんどの人はそう)は入ってないこともあるので追加しないほうがいい
;; (add-hook 'tuareg-mode-hook 'tuareg-imenu-set-imenu)
 (setq auto-mode-alist 
       (append '(("\\.ml[ily]?$" . tuareg-mode)
                ("\\.topml$" . tuareg-mode))
               auto-mode-alist))

を追記し、Emacsを再起動しましょう。これで幸せになれます。

便利なコマンドたち

tuareg mode in cygwin

by Emacs

http://www-rocq.inria.fr/~acohen/tuareg/mode/tuareg-mode-1.45.3.tar.bz2 をdl,解凍. 中のREADMEの内容に従い、READMEのINSTALL: の項の site-lispを cygwin内を検索して出てきたC:\cygwin\usr\share\emacs\site-lispと解釈して camldebug.el tuareg.el sym-lock.el の3ファイルをsite-lisp内にpaste (同名フォルダがもう一つあったがパスと中身で付録的印象があったので後回しにしたまま成功)、続いて QUICK CONFIGURATION: を参考に、append-tuareg.elの (setq auto-mode-alist (cons '("\\.ml\\w?" . tuareg-mode) auto-mode-alist)) 行以降を ファイル、 .emacs にペーストで追加すると (なければ touch .emacsで作る)とうまくいった.(Alt-x tuareg-mode はうまくいかなければ2回やってみる).

by Xemacs

同様に3ファイルを /home/ にdirectory /xemacs_custom 等適当な名前で作ってpaste

~/.xemacs/init.elに

; -*- OCaml : tuareg-mode -*-

(setq load-path (cons "C:/cygwin/home/xemacs_custom" load-path))

(setq auto-mode-alist (cons '("\.ml\w?" . tuareg-mode) auto-mode-alist)) (autoload 'tuareg-mode "tuareg" "Major mode for editing Caml code" t) (autoload 'camldebug "camldebug" "Run the Caml debugger" t)

(if (and (boundp 'window-system) window-system)

をペースト追記.2回目のXEmacsの起動で動作した.ディレクトリの位置と一行目のパスの書き方によっては上手くいかなかった.

参考文献


  1. 表記についてはEmacsTipsを参照 (1)

  2. C-b の b は、 buffer の b です。Emacsでは、ファイルを開くと、「バッファ」を開いてその中でファイル編集します。 (2)

  3. C-e の e は、 evaluate の e です。 (3)

  4. C-r の r は、 region の r です。 (4)

  5. previous の p (5)

  6. next の n (6)

  7. interrupt の i (7)

  8. kill の k (8)

情報科学実験Ⅰ/ML演習 (last edited 2009-10-13 07:27:43 by beinfor)